キャバ嬢として働くなら

女の人

キャバワンピとは、キャバ嬢が着ているようなワンピースのことです。キャバ嬢が働くときに着る服には大きく分けて三種類あります。キャバドレス、キャバスーツ、キャバワンピです。キャバドレスは結婚式のときのドレスをよりセクシーにしたものというイメージです。キャバスーツはOLが着ているようなスーツをよりセクシーにタイトにしたようなものです。キャバワンピはより日常的な服に近いですが、セクシーなデザインで、丈が短くタイトであるという特徴があります。丈が短いのはセクシーな足のラインを出すためです。タイトであるのはたっているときや動いているときに中の下着が見えないようにするためです。お客様は座っていてキャバ嬢はたったり座ったりすることがあるのでこのようなデザインが多くなっています。

キャバ嬢として働くならば、キャバワンピをはじめとして最低10着程度衣装が必要です。毎日くるお客様ばかりではありませんが、同じ衣装ばかりでは衣装が悪くなるのも早いですしイメージがよくないためです。そのため、激安でもいいのである程度のバリエーションが必要です。このとき、同じような系統の服だけでなく、雰囲気を変えるようにするのがおすすめです。男性は細かい服の部分まで見ていません。そのため、セクシー系、可愛い系、お姉系など雰囲気をがらっと変えないと違う衣装だとわかってもらえないこともあります。お店によってはレンタルしてくれるところもありますが、購入した方が安い場合もあります。通販で購入するのが最も安いのでおすすめです。