特徴を捉える

ダイヤモンド

ラザールダイヤモンドは、1903年にラザール・キャプテンがニューヨークで創業をしました。それまで研磨の技術を学んでいましたが独立をしました。ラザール・キャプテンは数学理論のアイディアルメイクと呼ばれる各部と角度と比率を用いてダイヤモンドのカッティングを行いました。その手法により、世界一美しいダイヤモンドと言われています。ラザールダイヤモンドは今では世界三大カッターズブランドといわれるようになりました。またラザール・キャプテンは726カラットもある巨大な原石を難しいと言われながらも約一年をかけてカットに成功をしました。そして今の4Cの評価基準の基礎作りにも貢献しました。そして今もなおラザールダイヤモンドは根強く多くの方に支持をされています。

ラザールダイヤモンドはカッティングの技術はもちろん、高品質のダイヤモンドを使っています。なので、ダイヤモンドの輝きは素晴らしいものです。そして独自の熟練鑑定士によって鑑定や等級をつけて品質証明書を発行しています。婚約指輪や結婚指輪に定評があり、デザインも多くの方のニーズに答えられるように種類が豊富です。販売は既製品がほとんどですが、セミオーダーもできます。またレーザー刻印と言われる0.18カラット以上の全てのダイヤモンドにIDナンバーが刻印されるので、品質管理を行っています。また希望であれば、お好きなメッセージを刻印できるサービスを行っています。また販売の応対でもジュエリーコーディネーターの資格を持つスタッフにより指輪選びをお手伝いしています。